一般廃棄物、産業廃棄物、リサイクル、資源化、3R、事業系ごみ、粗大ごみ、循環型社会、横浜市港北区の株式会社春秋商事

トップページへ
営業本部 神奈川県横浜市都筑区川向町1160番地 電話:045-472-5272 FAX:045-472-5265

産業廃棄物処分業

外観

都筑中間処理リサイクルセンター全景

 

都筑中間処理リサイクルセンター

同施設では、溶融(RPF製造)、破砕(1)、破砕(2)、溶融(減容)、圧縮(1)、圧縮(2)の6つの処理方法で、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず、ガラス・コンクリートくず及び陶磁器くずの7品目のリサイクル処理を行います。平成21年11月1日付で、横浜市より産業廃棄物処分業許可を取得しました。第三京浜の港北インターから至近で、産業廃棄物の持込もたまわります。尚、御持ち込にはマニフェストの発行をお願いしています。

 
RPF製造施設 DYZZER

これまで処理が困難であった未分別の廃プラスチック類や紙くず、木くず、繊維くずなどを「RPF」に加工。受け入れ廃棄物の100パーセントリサイクルを達成できる環境配慮型の処理施設が完成いたしました。製作した「RPF」は、日本製紙に向け、石炭の代替燃料として出荷します。

 
RPF装置

RPF(固形燃料)製造装置全景

 
処理の流れ
RPF製作のフロー

 

RPFとは

RPFとは、
Refuse Paper & Plastic Fuel の略称であり、産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な廃プラスチック類とその他くずを50対50で混合した、廃棄物を原料とした高カロリー固形燃料です。

 
RPFの成分分析

弊社では、石炭の代替燃料として日本製紙に向けてRPFを販売・出荷しています。需要先ではRPFの品質について以下の項目の基準を設定しており、安定的な納入の為には、下記数値をクリアする必要があります。

 
1   燃料比重
    0.3~0.45/c㎥
2   低位発熱量
    6,000kcal/kg(平均)
3   燃料粒度
    φ8mm=40mm × 12mm~50mm
4   成分
    灰 分  6.0%以下
塩素分  0.3%以下(目標 0.2%)
硫黄分  0.1%以下
水 分  3.0%以下
窒素分  0.5%以下
金属アルミ  1.0%以下
 

その中で、需要先の燃焼装置に特に悪影響を及ぼす、「塩素分」については、毎月1回の抜き取り調査により、自主検査(第三者機関への成分分析依頼)を行っております。

 
分析結果はこちら
 
50トンプレス HDX50
 
50tプレス
比較的きれいな廃プラスチック類・空缶・ペットボトルは、50トンの力で圧縮してそれぞれの原材料になります。
  扱いづらいペットボトルも、圧縮することで、輸送しやすい形に変わります。   ビニールごみも比重比で25~30倍の重さとなり、輸送効率を大幅に向上します。
  50tプレス2   50tプレス3
 
発泡プラ減容 RE-E200
 
発泡プラ減容
かさばることで処理が困難な発泡スチロールは、その材質に係らず熱で大幅に減容し、固めた状態で原材料に戻します。
  RE-E200-1 矢印 RE-E200-2
  嵩張る発泡スチロール   PSインゴット
   
   
   
 
都筑RCの処理フローはこちら
 
都筑RCへの地図はこちら
 
     
株式会社 春秋商事 本社   営業本部(都筑支店)
〒222-0033 横浜市港北区新横浜三丁目16番12
電話 045-472-2422
  〒224-0044神奈川県横浜市都筑区川向町1160番地
電話 045-472-5272 FAX 045-472-5265
     
都筑中間処理リサイクルセンター   旭リサイクルセンター(旭RC)
〒224-0044神奈川県横浜市都筑区川向町1160番地
電話 045-472-5272 FAX 045-472-5265
  〒241-0003 神奈川県横浜市旭区白根町861番地
電話・FAX 045-955-1200
     
みどり車庫(事業系車両基地)   港北車庫(家庭系車両基地)
〒241-0003 神奈川県横浜市旭区白根町893番地   〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町1724番地
     
URL: http://www.syunjyu-syouji.co.jp   e-mail: sinnyokohama@syunjyu-syouji.co.jp